*

新着情報

デンタルグッズ

2021年08月26日 11:13 タフトブラシ デンタルグッズ


こんにちは、親里小児矯正歯科です。

普段の歯磨きは、1本の歯磨きで十分と思われている方が多いかと思います。

普段、皆さんがお使いの普通の歯ブラシでは磨けるのは全体の60%。

つまり40%は磨き残しがあると言われています。

そこでぜひ使っていただきたいのが歯科医師、歯科衛生士が絶対にお勧めをする「ワンタフトブラシ」です。

予防先進国のスウェーデンでは80歳でも平均で20本以上の歯が残っています。

一方の日本は16本程度です。そんなスウェーデンでは、歯磨きはまずワンタフトブラシを使い、次のような磨きにくい部分のプラーク(歯垢)を落としてから、通常の歯ブラシで磨くそうです。

実はタフトブラシは口臭予防にも効果的です。

プラークはただの食べかすではなく、細菌の塊です。

プラークの磨き残しがあると、この細菌が腐敗臭を発します。

これが口臭の原因です。

ワンタフトブラシで磨きにくいところもしっかりケアすれば、口臭の対策にもなります!

矯正治療中の方は勿論、矯正治療をされていない方も是非このタフトブラシをお使い下さい!


2019年10月25日 11:28 矯正治療中に必須な歯ブラシ デンタルグッズ

こんにちは、西宮市親里小児矯正歯科です。

今日は、矯正治療中に必須な歯ブラシ、タフトブラシのご紹介を致します。

タフトブラシは通常の歯ブラシよりもブラシの数が少なく、細かい隙間やブラケットの隙間まで隅々まで磨く事が出来ます。

LIONさんのホームページに詳しく掲載されていますのでご紹介いたします。

  みがき残しの多いところを知って、「タフトブラシ」をフル活用

皆さんは、「歯並びが悪いところ」「奥歯の奥」「背の低い親知らず」など、意識してみがいていますか?そのようなところは、ハブラシの毛先が届きにくく、意識してみがかないと、歯垢が残ってしまいます。

「なんとなく歯が黄色っぽくなってきた」「舌で触るとザラザラしている」などは、「みがき残しのサイン」かもしれません。

また、ハブラシでみがきにくいところに、毛先をあてて一生懸命みがいた結果、まわりの歯ぐきを傷つけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

みがきにくいところには、ピンポイントで毛先が届く「タフトブラシ」の使用がおすすめです。

ライオンの調査によると、歯科医師と歯科衛生士の約9割は「タフトブラシ」を患者さん全員に、またはみがき残しがある患者さんにすすめています。

このことから、口の中を良く知るプロも、「みがき残し対策」に「タフトブラシ」が有用であると感じていることが分かります。

と、ここまです。画像は下記のサイトから引用しています。

https://lidea.today/articles/633

こちらのサイトに更に詳しく書いてありますので是非ご覧下さいね☆

矯正治療中の歯の清掃は難しくなりますので、毎月の歯の調整時に必ず清掃面のチェックを行いますので安心して治療が行えます☆

清掃面で気になる事がありましたらご相談下さい。